車一括査定に必要な書類

車一括査定に必要な書類

車一括査定には、紙の書類も必要です

車一括査定サイト車を査定に出すのには、車関係の書類が必要です。
まだ車を売却せず、査定だけをお願いしようと考えているのであれば、車検証と自賠責保険証だけでいいのです。

車検証は、その車が安全基準を満たしているかを証明する書類で、車は必ず車検を通っている必要があります。
車検切れの車は公道を走行できません。

また、運転時にはこの車検証を携行する義務があります。よって、ダッシュボードに入れている人も多いのではないでしょうか。
探すときはまずダッシュボードを見てみて下さい。仮に紛失してしまったら、陸運局の運輸支局で再発行することができます。

つづいて、自賠責保険の証明書です。これは自賠責保険に入っていることを証明する書類です。
こちらも運転時には携行することが義務付けられています。車検証と一緒にダッシュボードに入れている方が多いのではないでしょうか。
自賠責保険の証明書は、紛失した場合は、保険会社に連絡すれば、再発行してもらうことができますので、万が一無くしたとしても安心です。この車検証と自賠責保険証が、車の査定に出すのに必要です。

車の売却へと進んだ場合

査定がすんで、納得の行く金額だった場合、車の売却に進みます。
その場合は、車検証と自賠責保険に加えて、次の書類が必要です。

まず、印鑑証明書、自動車納税証明書、実印、振込口座のメモ、自動車リサイクル券などです。
それから、譲渡証明書と委任状も、追加で必要です。

これが軽自動車の場合は、自動車車検証と、自賠責保険証明書と、軽自動車納税証明書と、認印と、振込口座のメモと、リサイクル券が必要です。リサイクル券はなくても構いませんが、預託済みの場合にのみ必要です。

ちなみに、自動車の車検証と、印鑑証明書の住所が異なり、現在住んでいる場所が異なるため書いてある住所が違う場合があります。
その場合は、住民票、もしくは戸籍の附票もしくは住民票の附票を添付する必要があります。
引越し前の住所から、引越し先の住所までをたどることができる書類が必要です。
また、名字が変わっている場合などは、戸籍謄本を用意する必要があります。

書類に変更がある場合は速やかに修正しましょう

書類に記載されている情報、たとえば引っ越しして住所が変わったり、車の名義人が変わったり、結婚して姓が変わったりなどした場合は、速やかに書類の修正をしましょう。

車検証ならば陸運局、自賠責保険証ならば保険会社に連絡することで、すみやかに対応してもらえます。変更があればあるほど、売却時の手続きが面倒になりますので、できるだけ早期に手続きしておくに限ります。

車を売却する際に必要な、自動車保険の手続きについて

車一括査定自動車-を売却するにあたって、自動車保険について手続きをしなくてはなりません。
車を売った後に、新しい車に乗り換えるのであれば、自動車保険の対象となる車を書き換える必要が生じます。

この手続きを行っていないと、新しい車で事故にあった際に、補償がきかない場合がありますので、必ず切り替えの手続きを行いましょう。
これを、車両入替と呼びます。この車両入替は、保険会社に連絡することですぐに手続きを行うことができます。
よって、新しい車が納車されてくる前の段階でも手続きすることができますので、早めに切り替えを行いましょう。

反対に、車を新しく購入する予定がなく、売却によって車を手放すだけで終わる場合は、自動車保険を解約します。
自動車保険は事前に一括で支払っているため、残りの期間がある場合は、保険料が還付されます。
なので、できるだけ早くに保険会社に連絡することが大事です。
解約した日から、自動車保険の満了日までの保険料を還付してもらうことができます。

見積もりには何の情報が必要か

車の一括査定は、自動車の価格を見積もりしてもらうものです。
車検証と運転免許証なども必要です。

車のナンバーや所有者の情報の他に、車検証に記載された車の型式、初年度登録年月などが必要です。
また、免許証の色や免許取得日などは免許証の情報から得ることができます。

車の買い替えで、自動車保険や被保険者などに変更がある場合は、車検証や運転免許証が書類として必要です。
車検証、運転免許証、保険証券などが必要で、保険証券を使って今後の保険プランとの補償内容を見直す際にも必要となります。

売却の際には、実印と印鑑証明が必要です。車の見積もり時にこうした書類も手元にあると便利でしょう。
あらかじめ書類を用意しておくことで、購入もスムーズに行くことが多いので、
乗り換えを検討している際は、こうした書類を忘れずに準備するようにしてください。

ですが、ただ一括見積査定を行ないたい、自分の車の査定額が知りたいというだけなら、車検証と自賠責保険証の証書だけで、十分必要書類として役に立ちます。あとは当然ですが、免許証なども忘れないように準備して下さい。