車を高く売る方法

車一括査定

大切な愛車・・・高く売りたい!

大切な愛車を高く売る方法はいくつかあります。
愛車を高く売るには、もっとも高く売りたいのであればネット上の一括見積が簡単です。しかも便利です。
必要なものは、

車検証
自賠責保険証だけです。

これらを準備して、ネットによる一括見積サイトを利用してしまいましょう。入力する欄がありますので、そこに情報を転記します。
一括査定の方法はとても簡単で、一度の入力でたくさんの中古車買取業者に連絡を取ることができます。その返事を待ち、返事が来ればその中から自分の気に入った業者、そして何より高値で買い取ってくれる業者を選ぶだけでいいのです。
多くの業者が無料査定を行っており、査定にかかるお金はありません。

カスタムを行っている場合は?

車一括査定愛車に改造を行ったり、カスタムしている場合はどうなるのでしょうか。

実はカスタム車は、ディーラーに下取りに出すと非常に買い叩かれてしまいます。
かなり安値での買取になってしまいますが、一方で、愛車の買取見積もりサイトに依頼をした場合は、高値で買い取ってもらうチャンスがあります。

なぜディラー下取りだと安くなるかというと、リセールのターゲットが狭まってしまうからです。一方で愛車の一括見積の場合は、全国にいるカーカスタムの愛好家や、マニアに対しても売ることができますので、値崩れが起きないのです。このように、顧客となってくれる人の候補が、全国に大勢いますので、カスタム車でも高く売ることができるのが、中古車買取業者に一括で見積もりをお願いする際のメリットとなります。

ディーラー下取りと比べて、どう?

ディーラー下取りと比べて、一括見積登録の場合は、金銭的なところはどうでしょうか。
金額面で考えると、ディーラー下取りは、次の新車を買うときの値引き交渉に使えるケースがあります。「下取りをここのディーラーで行うので、次の新車を買うのを値引いて下さい」というように交渉のカードに使うのです。

ですが、ディーラー下取りは、時間が経過しているとゼロ円で査定されてしまうことがあります。かなり査定は厳しいと言っても良いでしょう。新しい車は比較的高額で査定されることがあります。査定が高いと、では買い替えてみようかなという気持ちにさせてくれるからです。なので、古い車であればあるほど、ディーラー下取りでは不利になります。

売却の時期がもっとも大切

車の売却は、相場の波があります。そのため、売却の時期が最も大切となります。
新車販売の記事には、黙っていても車が売れますので、中古車の相場は下がってしまいます。中古車の相場が下がると、買取相場も下がります。また、狙い目は新車が出て半年程度のモデルチェンジの時期です。
モデルチェンジの時期は、ディーラー下取りに出すとしても、ディーラーは本部から売るようにプッシュを受けているので、売上をあげるべく営業マンも頑張ってくれます。

マイナーな車の場合は?

マイナーな車、もしくは特殊車両などの場合も、一括見積査定がお得です。
ディーラーではほとんど値のつかないこれらの車両も、一括見積査定で多くの買取業者に見積もりを依頼することで、より適正価格に近づいた買取が可能となります。
ディーラーでは変わった車の買取はほとんど行われておらず、なかなか再販にも苦労しますのでいくらディーラーでも取り扱いができないことがあるのです。ですが、オークションなどの買取業者に見積もりを依頼すれば、より高値で買ってもらうことができます。

見積もりに出すときのコツ

見積もりに出すには幾つかのコツがあります。
まず、同じ日に複数の業者の査定を予約して、バッティングさせて時間を節約するということです。

時間を少しずらしても構いません。とにかく、査定は1日で終わらせてしまいましょう。
そして、査定に来た担当者に、「当日売ることもできる」と伝えましょう。それだけでも査定アップには大きな効果があります。

同日に見積もりをしてもらうことで、また買取業者も真剣に査定をせざるをえなくなり、効果が高まるのです。
こうして見積り依頼は短期のうちに終わらせてしまうことが重要です。
車を寝かしていても仕方ありませんので、ネットで見積り依頼登録をして、その後で連絡が来た業者とアポイントを取って、見積もりから査定のステップに移りましょう。

清掃もすませておこう

車を高く売る方法愛車を高く査定してもらうには、清掃なども行っておくことが重要です。
掃除機をかけてゴミがない状態にして、また、ボディにワックスがけなどもしておきましょう。

ワックスをかけておくだけでも、印象がだいぶ違って査定が高くなりますし、傷なども目立ちにくくなって査定に少なからぬ効果があります。

マットや窓ガラスなども綺麗にしておいて、私物なども一切取り除き、シールやステッカーなども剥がしておいた方が望ましいでしょう。

においなども査定に響きますので、脱臭剤やオゾン発生器などでにおいを取り除いてください。