車を売るときにチェックするポイント

車売る

何が気になる?客観的に見てみよう

車を売るときに査定にはチェックポイントがあります。
さまざまなポイントがありますが、意外と愛車として乗っている間は気が付かないものです。

自分の部屋のように使ってしまって、あとから客観的に査定する段取りとなって初めて、「こんな使い方をしていたのか!」という風に感じてしまうものです。
では、車を売るときのチェックポイントはどのようなものでしょうか。
見ていきましょう。

においに注意!

意外と自分では気にならなくて他人にとって気になるのが、においです。
車のにおいは、車は密閉された空間なので、においが意外と残りやすいのです。
タバコ、香水、ペット、芳香剤などのにおいが残っている場合があります。

そうしたにおいはすべて、査定の際にマイナスになってしまいます。
市販のカーショップ等に売っている消臭剤で構いませんので、ニオイ対策を行ってから査定に出しましょう。

また、オゾン発生器ですと根本的に悪臭を脱臭してくれますので、機材を持っている方は使ってみると良いでしょう。においは自分では気にならなくとも、客観的に他人が査定するときは意外と気になるものだったりします。

傷や凹みもチェックポイント

細かな傷や凹みなども、チェックの際には注意が必要です。
中古車の査定では、こうした傷や凹みが細かくチェックされて厳しくダメ出しされてしまいます
ですが、直してから売るよりは、そのまま査定に出したほうが、金銭的には有利です。

直して売ったほうが査定額はアップしますが、その分だけ修理費がかかるからです。
細かな傷などはカーショップで売っているコンパウンドなどを利用して、自分で研磨剤を使って綺麗にするという方法もあります。
できることはすべてやってみましょう。

中古車ショップは、修理工場で安く修理できるので、そのまま出しても大幅な査定ダウンにはならないのです。
ボディのへこみ、傷、汚れのほか、ランプやアンテナの破損などにも注意が必要です。

また、鍵を差すのを失敗したときにできた小さな傷なども、査定の際にはチェックされてしまいます。
傷をつけないように丁寧に乗っていても、意外と傷はあるものなのです。

内装のシートやフロアマットに注意

内装のシートやフロアマットなども、査定の際にはチェックされる項目です。
汚れがひどくて交換が必要だったり、ヘタリがあまりにひどかったりすれば、査定額が大幅に下がってしまうこともあります。
車内のにおいと同様、車内は綺麗に使いましょう。

エンジン周りもしっかりチェック

エンジンの異音、オイル、プラグ、改造パーツのあるなし、修復歴の有無などもチェックされます。
エンジンをオーバーホールしたり、のせかえたりしている場合は申告すると良いでしょう。査定にプラスになるケースがあります。

ですが、車体番号などはちゃんと見えるようにしておいて下さい。
ここが改ざんされていたり移植されている場合は、買取が拒否になることもありえます。

まずは、オーナーではどうしようもない部分から見られる

査定の際は、まずは車種・年式・グレードが見られます。
これらはオーナーの手によってはどうしようも変更できない項目なので、これを基本の目安として、プラス査定やマイナス査定を行っていきます。

エンジンや走行距離などの状態は、チェックしてからプラス査定やマイナス査定になります。
したがって、車種や年式などで決まってしまった部分に関しては、もう交渉は諦めるほうがいいでしょう。そうした絶対的な値段は、動かしがたいのです。

なので交渉の余地は低いものとして考えたほうが良いでしょう。丁寧に乗って来たことや、整備手帳を見せるなどして定期的に整備していることを証明したり、事故歴がゼロなどのことをアピールしたりなども好印象を持ってもらえます。

メーターの巻き戻しは厳禁!

走行距離などは査定のプラスマイナス幅も大きい箇所です。
標準年間総距離が計算されます。平均的な走行距離は年間6500キロで、平均的な走行距離よりも少ない場合は、プラス査定となります。

ですが、だからといってメーターを巻き戻して走行距離をごまかすのは絶対にやめて下さい。
その場ではバレなくとも、後々の細かいチェックでバレてしまいます。

そうなると、売却した代金の返還請求が来ますし、場合によっては損害賠償請求なども来ることになります。
業者もボランティアで買い取っているわけではなく、ビジネスで買い取っているので、ウソをつくことは厳禁なのです。

ウソが大きなトラブルに発展することもありますので、メーターの巻き戻しはやめてください。
ウソをついてしまうと、あとあと、ついたウソの分だけペナルティを受けることになってしまって、自分が大きく損をします。
目先の利益に目を奪われて、メーターをいじる行為は絶対に避けたほうがいいでしょう。ありのままの車の状態で申告してください。